ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
P902i(ブラック×ラバーブラック)
2005年12月6日発売

写真で見るP902i



メイン画面周辺。上部にBluetoothロゴ、下部にマクロ切替スイッチ キー配列

左側面 右側面

赤外線ポート FeliCaロゴ

有効画素数201万画素(記録画素数192万画素)のνMaicoviconカメラ

オプションのカスタムジャケットも用意される ラバーブラックは、二重構造になっている

メインメニュー。これは「パターン1」 パターン2 パターン3

パターン4 パターン5 「カスタマイズ」を選んだ時のアイコン。パターン5とほぼ同じ

メニュー第2階層。グラフィカルになった iモードメニュー iアプリメニュー

データBOX サービス設定メニュー 電話帳メニュー

ユーザーデータ 生活ツール 生活ツール(2ページ目)

Bluetoothメニュー Bluetooth設定メニュー 「接続機器リスト」画面でサーチしたところ

プラントロニクスのヘッドセットを認識したところ。プロファイルを選択する メニューボタンを2回押すと表示されるメニュー SD-Audio対応。再生中にメニューボタンを押すことでiモードは利用可

iモーションメニューで「miniSD」を選択したところ QVGAサイズ、30fpsの映像コンテンツをフル画面(横長)で再生できる 再生途中の場所を記せる「しおり」。動画閲覧中にメールが届くなどで中断すると、「復旧しおり」が記録される

メールメニュー Advanced Wnnを採用 拡大表示

標準表示 縮小表示。数字キーの3を押すと文字サイズを変更できる サブメニュー。メールはカラーラベルを付けられ、カラーや新着順やアドレス順などでソートできる

iチャネル対応だ 静止画撮影画面 撮影画面。「ファイン」「ノーマル」といった画質設定はないが、ホワイトバランスなどが調節できる

コード読取を含めて、5種類の撮影モードが用意されている 動画撮影画面

快晴の都内を撮影したサンプル画像。リンク先は1,600×1,200ドット

仕様で見るP902i

 プッシュトークやトルカなどの新サービスに対応した、パナソニック製FOMA端末。Bluetoothをサポートし、Flashメニュー、外部メモリカードへのコンテンツ移行といった新機能が用意されている。従来のP90Xiシリーズと同じく、カスタムジャケット対応となっている。

 ボディサイズは、902iシリーズでは最薄。2メガピクセルのνMaicoviconカメラを搭載し、1GBまでのminiSDカードが利用できる。また、動画機能では、再生・録画とも30fpsのデータに対応しており、横長でのフル画面再生も可能。このほか、SD-Audio準拠の音楽再生機能も利用できる。

 902iシリーズとして、プッシュトークやトルカのほか、マルチナンバー、iチャネル、iモード FeliCaなどに対応している。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
102×49×18.3mm(ノンジャケスタイル時)
重量 約109g
連続通話時間 約150分(テレビ電話:約100分)
連続待受時間 静止時:約500時間、移動時:約350時間
充電時間 約130分
ディスプレイ メイン:約2.4インチ、240×320ドット、262,144色表示TFT液晶
サブ:約1.0インチ、96×64ドット、4,096色表示STN液晶
メモリダイヤル 700件(1件につき最大4番号3アドレス)
リダイヤル・着信履歴 各30件
データ通信速度 最大下り384kbps(パケット通信時)、最大下り64kbps(回線交換時)
ボディカラー シルバー×クールグラス、ブラック×ラバーブラック、ホワイト×ブーケグラス
備考 プッシュトーク、おサイフケータイ(モバイルSuica対応)、トルカ、マルチナンバー、iチャネル、音楽再生機能(SD-Audio)、Bluetooth、セキュリティスキャン、デコメール、テレビ電話、miniSDカード(最大1GB)、ICカードロック、フェイスリーダー、タイマーロック、AV出力、PDFビューア、使いかたナビ、Advanced Wnn

【iアプリ】
iアプリ件数 最大200件
登録済みiアプリ タイガー・ウッズ PGA Tour、ソニック ザ ヘッジホッグ、ジャケットコーディネーター、カウントダウンTRAIN-P、Gガイド番組表リモコン、電子マネー「Edy」

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 料金プランに依存(パケットパックにより1パケット0.02〜0.2円)
メール受信機能 最大全角5,000文字(添付ファイルは最大500KB)
メール送信機能 最大全角5,000文字(添付ファイルは最大500KB)
メール保存件数 受信:最大1,000件
送信:最大400件

【着信メロディ】
和音数 最大64和音(着うた、着モーション対応)
着信音 ・パターン:3種類
・登録済みメロディ:8曲
・効果音:8種類
・ダウンロードメロディ:最大400件
登録メロディ曲名 Full Time by TK
ソニック無敵
ダッタン人の踊り
ジムノペディ
SYMPHONY NO 1
月の光
おぼろ月夜
ヴァイオリンソナタ第5番

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 Sub-QCIF:128×96、QCIF:176×144、待受:240×320、CIF:352×288、VGA:640×480、SXGA:960×1,280、UXGA:1,200×1,600
撮影可能容量 内蔵メモリに約62枚(待受サイズ)。miniSDカードも利用可能

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット MP4(本体)、ASF(miniSDカード)
撮影可能画質 QVGA(miniSDカードのみ)、QCIF、Sub-QCIF
画質優先、時間優先、動き優先、標準
ビットレート:最大1Mbps(録画/再生)
フレームレート:最大30fps(録画/再生)
撮影可能容量 内蔵メモリに約12分(画像サイズ:128×96ドット、大容量メール添付モード、最高品質)。miniSDカードも利用可能

スタッフが見たP902i

コメント
湯野  今や「ドコモのP」の顔となったカスタムジャケット。今回のP902iもカスタムジャケットに対応しており、イルミネーション機能とのマッチングも楽しい。
 注目したいのは、SD-Audio対応の音楽プレーヤーと連携したBluetooth機能だ。iPodが売れてからというもの、携帯電話業界も「カメラの次は音楽」という方向性がクッキリと出てきた。パナソニックがSD-Audioをサポートするのは、同社がSDアソシエーションの幹事会社の役割を担っているから当然のことだが、Bluetoothのオーディオプロファイルをサポートし、ワイヤレスで音楽を聴けるようにしたのは、他社が足踏みをする中での大きな一歩として評価したい。
 携帯で音楽を聴こうとすると、どうしてもヘッドフォンのケーブルのやり場に困る。専用プレーヤーのように「使わないときは本体に巻き付けて」なんてことをやると、携帯としての使い勝手が著しく低下してしまう。これに対し、P902iでは別売の「ワイヤレスオーディオレシーバー」を利用すれば、そんな心配もいらない。
 ただ、そのワイヤレスオーディオレシーバー、サイズが巷の専用プレーヤーと同程度で、お値段的にも携帯本体と同じくらいしてしまう。この辺りの障壁がもう少し低くなってくれるとありがたい。
関口  コンパクトなボディにSD-Audio対応、Bluetooth搭載など、さまざまな機能を搭載するP902iだが、総括すると「FOMAのPユーザーならば“買い”」と言える。もたついていた操作感は大幅に改善され、Advanced Wnnによる文字入力は幅広いユーザーにとって打ちやすいものに仕上げられている。買い替えサイクルを踏まえれば、P900iユーザーで「P902iの購入を検討中」という方もいることだろうが、P900iと比較すると、メールに画像を添付する際にカメラを起動できるなど、不満になっていたと見られるポイントは、ほぼ解消されていると思う。
 ただ、UXGA(1,600×1,200)サイズでファイルサイズが500KB以上の画像をメール添付する際、「マイピクチャ」から画像を選ぶと、自動的に圧縮して送信できるのだが、メール作成画面からは画像そのものが選べない。こういった細かな点は、不満と言えるほどではないが、今後改善されると嬉しい。個人的には、第2階層のメニューで「生活ツール」だけデザインが異なる(Flashメニューのパターン2を除く)のは、「なんでだろう?」とちょっと首をかしげてしまったが、「生活ツール」を目立たせるという効果を見込んでのことかもしれない。
 このほか、イルミネーションと連携するようになったカスタムジャケットもポイントの1つ。ジャケットを着せ替えることで、絵柄だけではなく、イルミネーションの光り方まで変えられるようになったのは嬉しいポイント。「ReMOLDe」などで取り扱われるサードパーティ製のカスタムジャケットを装着すると、どう光るのか、事前にわかると購入を検討する際に参考になるところだ。
 繰り返しになるが、P902iは、既存のPユーザーならば買い替え候補の第1位になり得る仕上がり。もちろん他メーカーからの乗り換えでも、メニューを呼び出すボタンの位置など異なる点はあるが、満足して使えることだろう。



URL
  製品情報(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/902i/p902i/
  製品情報(パナソニック)
  http://panasonic.jp/mobile/p902i/

関連記事
ドコモ、薄さ18.3mm「P902i」を6日発売
新機能を織り交ぜながら、使い勝手の向上を図る



2005/12/06 15:34

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.