記事検索
カテゴリー一覧
月別アーカイブ

iPhone 4とビニール袋と洗濯バサミ

2011年2月7日 06:00

 MTB(マウンテンバイク)に乗り始めてから、iPhone 4をウィンドブレーカーの胸ポケットやサイクルジャージの背中ポケットに入れるようになった。

 理由はイロイロあるんですけど、結局、MTBの車体にはフロントバッグとかサドルバッグとかさらにはボトルなどを取り付けていない。すぐホコリ&泥だらけになっちゃうのだ。なので荷物はバックパックに。でも、わりと多用するiPhone 4は胸ポケットに。

 問題なのは、冬とは言えサイクリング中には汗をかく。胸に入れたiPhone 4が湿ったり濡れたりする。ので、拙者の得意なビニール袋作戦。iPhone 4をテキトーなビニール袋(ホントはPE袋;ポリエチレン袋)に入れて即席防水にしている。

 んだが、2011年のビニール袋作戦改めPE袋作戦は、ちょっとだけ凝ってみた。すなわち、富士インパルス卓上型シーラーP-200により、市販のPE袋をiPhone 4ジャストサイズにしている。慣れると30秒で激安なディスポーザブル防水ケースを作成できるのだ。

 あ。シーラー持ってないと作れませんけどネ。シーラーけっこう高いっす。スマホユーザーが多いオフィスで1台導入とかいいかも。え? オマエはなんで持ってるのかって!? それは、PE袋マニア、だから、です!!

 このPE袋作戦と、ネットでよく知られているiPhone洗濯バサミスタンド作戦を併用すると、アウトドアで気楽にiPhone 4とかを使えるようになるかも。

用意するモノはPE袋を熱で溶かして封印することのできるシーラー、スレート型端末、その型端末が入るPE袋。袋は厚手(0.08mm厚)のものが強度的にナイス iPhone 4を入れてシールしたところ。0.08mm厚のPE袋だと、チャック部分がシールしにくいが、そのあたりは試行錯誤&工夫で。横長のPE袋に入れるテも 最後に不要な部分をハサミで切り取れば出来上がり。カメラ機能を使う場合は袋から取り出す感じで。袋は1枚で数日保つ感じでしょうか。案外丈夫っす
端末を袋から取り出す必要がない場合は、こんな感じで完全に封印しちゃっても大丈夫……だとは思うが、音質や放熱性などに関しては自己責任ってコトで ネットのiPhoneユーザーに広く知られる洗濯バサミスタンド作戦と併用すれば、なんかこー、海辺とかでメチャ便利そうな激安系ケース&スタンドに シーニャーってニャにかしら。即席防水らしい。何がかしら? ポニエチネンらしい。猫には全然関係ないわね。猫には全然関係ないよね。ニャ。ニャ。的な