スタパ齋藤の「スタパブログ」

 MacBook Air 13インチ(Mid 2011)を愉快&超便利に使ってきた俺なんですけど、最近、フニャ田さんがMacBook Air 13インチの2013年モデルを買ってドヤるんですよ〜。「ほら、電池のもちが、ね」的に。マジか〜まだ98%も残っているのか〜!! Haswellってスゴいのかも〜。んむむ〜俺のMacBookの電池少しヘタり気味だし……みたいな感じで、2013年モデルのMacBook Airが急激に欲しくなっていた最近である。

 そして、結局、案の定、2013年モデルのMacBook Airを買った。購入したのは「11インチMacBook Air (2013)」。小さいほーのMacBook Airですな。以前から11インチのほーを見るたびに「んむむ〜やっぱりカワイイ存在感だな〜」「一回り小さく少々軽いと持ち歩きに良さそうだな〜」と思っていたので、11インチに手を出してみた。

 結果、13インチと比べるとモバイルは愉快。13インチよりちょっと軽くて小さいので、持ち歩くが少しラク。キーボードは11インチも13インチも同じで快適に打てる。あ。US配列を選んでおります相変わらず。マルチタッチトラックパッドは、11インチのほうは縦方向が狭いが、とくに違和感なく使えている。

 ほか、バッテリーもよく保つし、安定的に動いてくれるしで、非常にイイ感じ。あと、机上に……ていうかカフェのテーブル上に出してドヤったときのサイズ感、これはやっぱりカワイイね〜11インチは〜、的な。

 このMacBook Air 11インチ、出張や打ち合わせに何度か持ち出して使ったが、ひとつ違和感が生じた。結果だけ書くと、ちょっと画面が見づらく感じられたのだ。俺の場合はそろそろ老眼入ってきてる感じでもあり、11インチの表示だと軽く猫背になりがち。また、一度に表示される情報量も、やはり13インチのほうが多くて快適に使える。

 ん〜。んむむ〜。そう言えばフニャ田さん、MacBook Air 13インチ2013年モデルのドヤりついでに「11インチだとボク的には見づらいんですよ」とか言っていたような。ぐぬぬ。じゃあ11インチはお気軽モバイルマシンとしてライトユースとして、やっぱり13インチでモバイルしようかな……。

アップルの「11インチMacBook Air (2013)」。13インチモデルより幅で2.5cm、奥行きで3.5cm小さく、270g軽い。最大駆動時間は9時間ですな。
キーボードはUS配列を選んだ。OS側でCtrlキーの位置をわりと自由に割り振りできつつ、打鍵感も非常に良好。ある種の神キーボードかもネ♪
ニャックブックってニャにかしら? ニャんだろう? 猫だからわかりません。ぼぼぼ、ぼくも猫なので興味がありません。ニャ。ニャ。的な。

スタパ齋藤

1964年8月28日デビュー。中学生時代にマイコン野郎と化し、高校時代にコンピュータ野郎と化し、大学時代にコンピュータゲーム野郎となって道を誤る。特技は太股の肉離れや乱文乱筆や電池の液漏れと20時間以上の連続睡眠の自称衝動買い技術者。収入のほとんどをカッコよいしサイバーだしナイスだしジョリーグッドなデバイスにつぎ込みつつライター稼業に勤しむ。