スタパ齋藤の「スタパブログ」

 MERRELL(メレル)「JUNGLE MOC (ジャングルモック)」という靴を常用中なんですけど、この靴、何となく「秋冬向け」という気がしている。素材が厚めという感じがする。通気性もそーんなに良くないような気が。

 そこで「JUNGLE MOCのように履きやすくて脱ぎやすくて、しかも軽快な靴」というコトで探してみた。ら、サクッと発見。同じくMERRELLの「JUNGLE GLOVE (ジャングルグローブ)」だ。

 この靴はMERRELLの「BAREFOOT」タイプの靴のソール(靴底)と、「JUNGLE MOC」の上側を合体させたものだそうだ。「BAREFOOT」のソールは裸足感覚で履けるらしく、「JUNGLE MOC」は脱ぎ履きしやすい靴。つまり脱ぎ履きしやすく軽快に歩けそうなのが「JUNGLE GLOVE」ってわけですな。

 早速買って履いてみたら、非常にイイ感じ。「JUNGLE MOC」と比べるとかなり軽く、地面の感触がより足の裏に伝わってくる。歩きやすさもあるので、わりと超時間の街歩きとかにも向くと思う。涼しいわけではないが、軽快さが初夏向けという気がする。

 この「JUNGLE GLOVE」、とくにイイと感じたのは、クルマの運転。ペダルを踏む感触がわりと繊細に足の裏に伝わるので、微妙なブレーキングやアクセルワークを行いやすい。ドライブ用の靴としてもいいかもしれない。ドライブしやすく、観光地で歩きやすい、みたいな。

 ただ、MERRELLの靴の多くは、わりと細身。靴のワイズ(足囲)が比較的に細めだったりする。ので、いつものサイズで買うとキツいかも。ネット通販でも買える靴だが、一足目は実際にフィットするかどうか試してから買うのが無難だと思う。まあ靴はみんなそうではあるが、MERRELLのはとくにそうだと感じているので一応書いてみた。

MERRELLの「JUNGLE GLOVE」。「JUNGLE MOC」と同様に履きやすく脱ぎやすいが、足をしっかりホールドする。カラーバリエーションは5種類。
ソールの部分は「BAREFOOT」という靴の薄めのものが使われていて、地面の感触を掴みつつ軽快に歩ける。クルマの運転にも向くと思います〜。
メニェニュってニャにかしら? 靴らしい。うかちゃんは猫だけど靴を履いてみたいニャ。ぼぼぼ、ぼくは猫缶が食べたい。ニャ。ニャ。的な。

スタパ齋藤

1964年8月28日デビュー。中学生時代にマイコン野郎と化し、高校時代にコンピュータ野郎と化し、大学時代にコンピュータゲーム野郎となって道を誤る。特技は太股の肉離れや乱文乱筆や電池の液漏れと20時間以上の連続睡眠の自称衝動買い技術者。収入のほとんどをカッコよいしサイバーだしナイスだしジョリーグッドなデバイスにつぎ込みつつライター稼業に勤しむ。