記事検索
【最新レポート】

【2012 International CES】
ソニーがソニエリの新社名を発表、Xperiaもソニーブランドで登場


 ソニーは、ラスベガスで開催されるCESの開幕前日にあたる9日(現地時間)に、プレスカンファレンスを開催。グループの新製品、新サービスなどと共に、100%出資の完全子会社化が予定されているソニー・エリクソンの社名を発表した。

 会見にはソニーの平井一夫副社長が登壇し、社名を「Sony Mobile Communications」とすることを明かした。ブランドとしては「Sony」を使用する形となる。なお、社名の変更時期は明言されておらず、日本でNTTドコモが発表した「Xperia NX」および「Xperia acro HD」については、ソニー・エリクソンの名称で販売される予定だ。


会見ではまずソニーのCEO、ハワード・ストリンガー氏が登壇し、ソフトウェアとハードウェアの連携を強化していく方針を語った ソニー・エリクソンの新社名を発表する、ソニーの副社長、平井一夫氏

 スマートフォンについては、グローバル向けの「Xperia S」と「Xperia ion」を発表した。Xperia Sは、NTTドコモが取り扱うXperia NXのグローバル版で、差分としてNFCを搭載している。Xperia ionは米国・AT&T専用のモデルとなり、LTEに対応した。

 どちらの機種も、1280×720のHDディスプレイを採用し、1.5GHzのデュアルコアプロセッサーや、12メガピクセルの裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を搭載している。DLNAやHDMIで家電と連 携できるといった機能も、両機種の特徴だ。ストレージの容量はSが32GB、ionが16GBとなる。会場には、Xperia SとXperia ionの実機が展示されていたので、写真で詳細を確認していきたい。なお、タッチ&トライが可能だったモデルには、ソニー・エリクソンのブランド名やロゴが入っていたが、両機種とも発売時にはソニーブランドとなる。


1.5GHzのデュアルコアプロセッサーやHDディスプレイを搭載したXperia S 米国・AT&T専用モデルとなり、LTEに対応しているXperia ion

Xperia S


ホーム画面はXperiaシリーズの雰囲気を踏襲しつつ、ウィジェットなどのデザインは一新されている タップすると小さなウィジェットが展開され、実際にボタンを押すことができる OSのバージョンはAndroid 2.3.7だが、Android 4.0へのアップデートも視野に入れて設計されているという
ストレージの容量が2011年のXperiaシリーズより増え、実機では1.7GB程度の空き領域があった RAMのサイズも上がり、展示されていた状態でも400MB以上の余裕がある 「Xperia SmartTags」というウィジェットも内蔵。NFCのタグと連動して、設定をワンタッチで変更できる
音楽再生機能はイコライザに対応。プリセットされたものから選ぶだけでなく、手動での調整も可能 2011年のXperiaシリーズに続き、xLoud機能に対応。イヤホン接続時にはサラウンド再生も行える 壁紙やメニューの色などを一括で変更できるテーマ機能を内蔵
カメラのUIは非常にシンプルになった。設定ボタンで各種機能を呼び出せる カメラの設定メニューを開いたところ。ドラッグ&ドロップで、撮影画面の左にアイコンを配置できる アプリ一覧の画面。アイコンのデザインも、一部変更されている
右側面には、音量ボタンやシャッターボタン、HDMI端子を配置 microUSB端子は左側面にある 上部には電源ボタンとイヤホンジャックを装備する
本体下部には、ストラップホールが用意されている ソニーのロゴが入ったバージョン。こちらが製品版のデザインとなる HDMIでBRAVIAと接続すると、リモコンで操作しやすい専用メニューが表示される。アイコンの追加も可能

Xperia ion


LTEで接続されている時は、画面上部のステータスバーに「4G」のアイコンが表示される Xperia ionにもNFCが搭載されている テーマ変更も可能など、ユーザーインターフェイスはXperia Sと共通
ホーム画面をピンチインすると、利用中のウィジェット一覧が表示される AT&T専用モデルだが、展示されていた実機には日本語キーボードも内蔵されていた カメラの機能やユーザーインターフェイスも、Xperia Sと共通
背面にはヘアライン加工が施され、上下に質感の異なるパーツが配置される 側面にはシャッターボタンや音量ボタンを装備 HDMI端子も搭載しており、テレビとの連携が可能だ
ソニーとAT&Tのロゴを採用したXperia ion。前面にはXperiaのロゴが入らない Xperiaなどと連携する、時計型の周辺機器も展示されていた。「LiveView」の後継的な位置づけで、アプリによるカスタマイズも可能

サービス、コンテンツ


写真をクラウド上でシームレスに共有可能にする「PlayMemories」。Xperiaにも対応 電子書籍サービスのReaderも、Xperiaで利用できる 動画配信サービスの「Video Unlimited」。すでに発売済みのXperiaシリーズにも対応している
音楽配信サービスの「Music Unlimited」。残念ながら、日本ではまだサービスインしていない Xperia SおよびXperia ionは、PlayStation Certifiedも取得しており、プレイステーションのゲームなどを購入できる

 




(石野 純也)

2012/1/10 15:44