記事検索
最新ニュースIndex

4.1インチの画面に1GHzのCPUを搭載したスマートフォン「X02T」


X02T(マットブラック)

 「X02T」は、OSにWindows Mobile 6.5を搭載し、全画面液晶でフルタッチ操作の東芝製スマートフォン。「dynapocket」の愛称もあわせて発表されている。発売時期は12月中旬以降。価格は未定。

 OSにマイクロソフトのスマートフォン向けOSである「Windows Mobile 6.5 Professional」を採用。画面を直接タッチすることでほぼすべての操作が行える。センサーは感圧式のため、画面を指でやや強めに押して操作する。

 画面下側にはアイコンを表記したセンサー部が別途あり、棒状のセンサーをなぞることで画面拡大・縮小が行える。またモーションセンサーも搭載しているので、電話を振って通話に応答したり、画面表示の向きを本体の持ち方によって自動的に切り替えることもできる。

 ユーザーインターフェース(UI)はタッチ操作を考慮したものとなっており、PC向けサイトの閲覧が可能なWebブラウザ、POP3/IMAP4対応メールソフトもあらかじめ搭載する。またソフトウェア「Softbankメール」も内蔵しているため、S!メール(MMS)の送受信が可能だ。絵文字入力にも対応する。

 このほかにも「Office Mobile」を搭載。「Word」や「Excel」などの文書ファイルが編集できる。マイクロソフトが提供するバックアップサービス「My Phone」や、アプリ・コンテンツのストア「Marketplace」の利用も可能だ。

 ボディは薄さ10mmを切る薄型で、4.1インチ、480×800ドット(ワイドVGA)のTFT液晶を採用。チップセットには1GHz駆動のクアルコム製「Snapdragon」を搭載し、動画コンテンツの編集も行える。320万画素CMOSカメラ、microSDHCカード用外部スロット(最大16GBまで)も内蔵する。

 なおX02Tの本体デザインおよび機能は、NTTドコモが発売中の東芝製スマートフォン「T-01A」と基本的に同等という。相違点は、本体背面のロゴがソフトバンク仕様へと変更、OSが「Windows Mobile 6.1 Professional」から「Windows Mobile 6.5 Professional」へバーションアップ、携帯キャリアの標準的なメールサービスをサポートしていること。YouTubeへのアクセスなどを可能にするプレーヤーソフト「kinomaPlay」については、対応サービスが増加した。

 内蔵無線LANの規格はIEEE 802.11b/g。ただしWi-Fi機能搭載ケータイ向けのコンテンツ配信サービス「ケータイWi-Fiチャンネル」には非対応となっている。同様に、「Yahoo!ケータイ」対応ブラウザ非搭載のため、ソフトバンク携帯電話向けの一般的なサイトも閲覧できない。

 主な機能として、世界対応ケータイ(GSM)、下り最大7.2MbpsのHSDPA、フルブラウザ、GPS、Bluetooth 2.0に対応する。なお、ワンセグ、おサイフケータイ、ウィジェット、デコレメール、きせかえアレンジなどには対応していない。

 大きさは約70×130×9.9mm、重さは約129g。連続待受時間は約280時間、連続通話時間は約270分(いずれもW-CDMA網接続時で静止した状態の場合)ボディカラーはマットブラックの1色。

 

 



(太田 亮三 / 森田 秀一)

2009/11/10 12:00


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.