記事検索
最新ニュースIndex

KDDI、iida新ラインナップ「lotta」発表


yellow

 KDDI、沖縄セルラーは、「iida」ブランドの新機種となる「lotta(ロッタ)」と、その専用アイテムなどを2月中旬より順次発売する。

 「lotta」は、「G9」を手がけたプロダクトデザイナーの岩崎一郎氏がデザインを担当した折りたたみ型のCDMA 1X WIN端末。製品名は、運命やめぐり合わせを意味する「lot」から生まれたもの。コンパクトな端末サイズでiidaのスタンダードシリーズに位置づけられる。鮮やかな色や手触り、デザイン上の細やかな遊び心を持ったモデルとなっている。

 背面パネルには、カラーによって異なる数字が刻印されている。ボディカラーはwhite、yellow、greenの3色展開で、whiteには「3」、yellowには「5」、greenには「7」の数字がそれぞれ刻印されている。数字はデザイン上のアクセントとなるため、特定の意味を持たないが、七五三や俳句など、日本人に親しみのある奇数が用いられたとのこと。

 端末の黒やグレーの部分はマットな質感で、white、yellow、greenのパネルは光沢感がある。その一方でwhite、yellow、greenのパネルに刻印された数字はマットな質感を採用している。写真ではなかなか伝わらない部分ではあるが、異なる手触りが新鮮な印象を与えている。なお、yellow、greenの黒いパネルは同じ黒でも微妙に色に違いがある。差し色の黄色と緑色に合わせて調色されたことがうかがえる。

 ボディは台形がかった形状で、黒いフレームがそれを囲むようなデザインとなっている。また、閉じた端末は、指がかかり易いため片手で開閉しやすい印象だ。このほか数字ボタンおよび方向キーには各キーにふくらみをもたせた大型キーが採用されている。シルバーと黒のボタンが並ぶ中で、発話キーのみボディカラーに合わせた色を採用しデザインアクセントとなっている。

 なお、ボタンは押下しやすい印象だが、タッチ&トライではクリアボタンと間違って数字キーの「2」を押してしまうこと何度かあった。この点は若干の慣れが必要かもしれない。

 端末ソフトウェアとしては、ボディカラーに合わせて3つのメニュー画面(ケータイアレンジ)が用意されている。待受画面に時計とともに表示される数字は、待受画面の表示回数をカウントしたもの。操作するたびに数字がカウントされていく。

white green

 メインディスプレイは約2.8インチ、240×320ドット、約26万色のASV液晶を搭載する。サブディスプレイはバッテリー側のカメラ付近に位置し、約0.5インチ、1色表示の有機ELとなる。

 カメラはオートフォーカス付き約197万画素CMOSで、最大16GBのmicroSDHCに対応する。おサイフケータイやGPS機能、赤外線通信などをサポートする一方で、ワンセグやBluetoothには非対応となる。

 auのサービスでは、au Smart Sports Run&Walk/Karada Manager、デコレーションメール、じぶん銀行、EZナビウォーク、助手席ナビ、EZガイドマップ、災害時ナビ、安心ナビなどに対応する。

 ちなみに、製造メーカーは京セラで、端末プラットフォームはKCPとなる。このため、「すぐ文字」や「ペタメモ」」「漢字チェック」機能といった京セラ製端末の特徴的な機能が用意されている。「PRISMOID」などをベースに開発されたようだ。そのほかのiida端末と同様に、メーカー名を伏せてiidaブランドとして提供される。

 大きさは約100×49×14.6mm、重さは約108g。連続待受時間は約430時間、通話時間は約260分。

 このほか、「lotta」専用アイテムとして、ストラップ2製品などが数量限定で販売される。

 



(津田 啓夢)

2010/1/28 10:32


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.