記事検索
最新ニュースIndex

XperiaのPOBoxにSimeji互換のプラグイン機能追加


 NTTドコモは、Xperiaにおいて、「spモード」へ対応する本体ソフトウェアのバージョンアップを提供する。8月30日よりパソコン経由でアップデートを行う更新ファイルが提供され、8月31日からは端末上で直接アップデートできるようになる。

 spモード対応に伴なう本体ソフトウェアの更新では、OSのバージョンに変更は無くAndroid OSのバージョン1.6のまま。アップデート時に端末を初期化すればspモード用のAPN設定が自動的に追加され、これを選択することでspモードを利用できる。初期化しない場合は、手動で追加する。その後、「spモードメール」アプリをAndroidマーケットからダウンロードすれば、iモードのメールアドレスでメールの送受信が可能になる。

 加えてXperiaでは、日本語入力機能が「POBox Touch 3.0」にバージョンアップされる。「POBox Touch 3.0」では、外部のアプリを呼び出せる「POBox Plug-in」を実装。プラグインアプリをインストールすることで、文字入力の際に定型文や電話帳データといった、さまざまなデータを呼び出せるようになる。9月1日以降、Androidマーケットでプラグインアプリの配信が開始される予定。

 さらに、「POBox Plug-in」は、Androidマーケットで配信されている日本語入力アプリ「Simeji」のプラグイン機能「マッシュルーム」と互換性が確保されており、すでに提供されているマッシュルーム対応アプリを「POBox Touch 3.0」のプラグインとして利用できる。「POBox Touch 3.0」の設定画面では、ソニー・エリクソンのプラグインアプリ紹介ページに簡単にアクセスできるようになっているほか、同社のメーカーサイトにてプラグインアプリの特集コーナーを設ける予定。

顔文字・記号キーを長押しすると「POBox Plug-in」機能を呼び出せる 「POBox Plug-in」の呼び出し画面。Simejiのマッシュルームアプリも利用できる 定型文のプラグインアプリで選択するところ

 

 「POBox Touch 3.0」ではこのほか、数字モードのキーレイアウトを変更し、数字キーの表示が拡大された。表示される種類が少なくなった記号については、シフトキーを押して表示を切り替えればすべてが表示される。予測変換機能も強化され、日本語を英単語に変換する候補が表示される。また、英語入力時に自動的に追加されていた半角スペースは、オン・オフを設定できるようになった。

 Xperiaではまた、バージョンアップにともない「バックアップと復元」アプリが追加される。端末内の各種のデータをmicroSDカードに保存するアプリで、システム設定、ブックマーク、メッセージ、通話履歴、連絡先を保存できる。バックアップを自動的に行うこともでき、毎日、毎週、毎月のいずれかの間隔で指定時刻にバックアップが行える。

 このほか、Mediascapeのアルバムアート削除機能が追加される。

数字モードでは数字キーが大きく表示されるようになった 日本語入力において、英単語の変換候補を表示 「バックアップと復元」アプリ

 



(太田 亮三)

2010/8/27 16:14