記事検索
最新ニュースIndex

パーソナルクラウドを実現する「Pogoplug」、2月4日発売


Pogoplug
クラウドエンジンズのプッターマン氏

 米クラウドエンジンズは、USBのハードディスク(HDD)に接続して、手軽にNAS環境が構築できるアダプタ「Pogoplug」(ポゴプラグ)を2月4日から国内販売する。オープンプライスだが、店頭価格は9800円程度になる見込み。IT関連の流通大手であるソフトバンクBBと協業し、家電量販店やAmazon.co.jpなどの通販サイトで販売される。

 Pogoplugは、USB接続のHDDと接続することで、通信経由でHDDにアクセス可能なネットワークドライブ環境を構築できる“パーソナルクラウド”ツール。パソコン(Windows/Mac OS/Linux OS)やスマートフォンなどのインターネット接続できる端末から、Pogoplugに接続されたHDD内のデータにアクセスできる。HDD内の画像や動画を確認したり、他のユーザーとコンテンツを共有したりできる。

 オンラインストレージサービスは各社が展開しているが、Pogoplugは、クラウドエンジンズのサーバーを経由することで、自宅のHDD内のデータを外のサーバーに預けることなく、オンラインストレージとして活用できる製品となる。なお、対応機器を利用して自宅でPogoplugを利用する場合、Webを経由することなく自動的にPogoPlugと対応機器が直接繋がる。

 なお国内版は、日本向けにカスタマイズされており、ユーザーインターフェイスやパッケージ、同梱される説明書などが日本語化されている。また、クラウドエンジンズのホスティング先のサーバーも国内に置かれる。

 USB2.0に準拠したUSBポートを4つ搭載する。HDDの対応フォーマットはNTFS/FAT32/HFS+/EXT2/EXT3、USBメモリでも利用できる。対応ネットワークはGigabit Ethernet。ブラウザでHDD内のコンテンツを確認する形になり、Internet Explorer 7/8やFirefox 3.5/3.6、Safari 4/5、Google Chrome 7/8に対応する。

 対応機器は、iPad/iPhone、Android、BlackBerry、Palm、Windows、Mac OS、Linux OS、Xbox360、PlayStation 3。DLNAにも対応している。DTCP(Digital Transmission Content Protection)は要望があれば対応していくという。

 簡単にセットアップできる点を特徴としており、Pogoplugをルーターに接続し、USB接続でHDD内を追加した上で、「my.pogoplug.com」でIDやパスワードなどを入力してアクティベーションする。

 HDD内のデータは、Pogoplugが自動的にファイルを解析し、外出先からでも読み取れる形式に自動変換される。たとえば、動画の場合はMP4に変換されたものを視聴することになる。

 また、自宅に仕事で使うドキュメントを忘れた際も、デスクトップアプリケーションを利用して、出先でドキュメントが確認できるほか、ユーザーを指定してデータの共有も可能となっている。共有を許可したユーザーにはメールでその旨が通知され、メールに記載のURLにアクセスしてデータが確認できる。さらに、自宅のプリンターとも連携し、モバイル環境から印刷できるようになる。



 2日に行われた発表会には、米クラウドエンジンズの最高経営責任者であるダニエル・プッターマン氏が登壇した。同氏は、Pogoplugを提供するに至った背景を語り、「スタンフォード大学の学生を雇って並ばせることまでして購入したiPhoneは容量が8GBだった。ところが、自宅には1TBの音楽データがある。いろいろな音楽をどうやってiPhoneに持って行くか考えた末、オンラインストレージを買おうと思ったが、当時のオンラインストレージは500GBあたり年間1000ドル、私には高すぎた」と話した。

 また、消費者の購買傾向として、HDDを購入する場合、毎月支払う月額制よりも買い切り型に慣れていると説明し、HDDを購入するように、オンラインストレージが使えるとアピールした。クラウドエンジンズは、製品価格の9800円以外、サービス利用料を徴収しない方針をとっている。

 オンラインストレージサービスのようにデータを外部のサーバーに預けるわけではないため、仮にクラウドエンジンズのサーバーが障害などでデータを失った場合でも、HDD内に保存されているデータはそのままユーザーの手元に残ることになる。また、会社倒産などでクラウドエンジンズの事業が立ち行かなくなった場合、ソースコードを公開する方針としている。

 プッターマン氏は、製品をデモンストレーションし、「Pogoplugは、デバイスとサービスが一体化しており、必要な処理はデバイス側で行われる。iPhoneでもAndroidでも、どんなブラウザでも表示可能で、画像の表示や音楽や動画のストリーミングも可能だ」と話した。iPhoneやAndroidではPogoplug用の専用アプリをダウンロードして利用する。

 プッターマン氏は最後に、自身のiPhone 4を手に、「iPhoneはさまざまな改善が図られ、現在のiPhone 4は32GBになった。しかし、私がかがげている目標は、みなさんのiPhoneを1TBにすること。オンラインストレージを消費者の手の届く価格にしていきたい」と抱負を述べた。

 このほか、ソフトバンクBBの執行役員 コマース&サービス統括 CN事業推進本部 本部長の倉光哲男氏は、Pagoplugが新しい分野の製品であるとし、今後、Yahoo!BB向けや法人向けの月額制サービスなども視野に検討していくと話した。また、Pogoplugをパーソナルクラウド分やの業界標準に、グローバルスタンダードにしていきたいとした。


 



(津田 啓夢)

2011/2/2 17:38