ニュース

J:COMが独占提供、日本初上陸の「LG Wine Smart」

 ジュピターテレコム(J:COM)は、ケーブルテレビの「J:COM」を提供しているエリアのユーザーを対象に、auのLTE網を利用したMVNO「J:COM MOBILE」を10月29日より開始する。

 第1弾として発表されたMVNOサービスの中核に位置付けられるのは、「J:COM MOBILE スマホセット[3GB]」プランで、端末はLG製の「LG Wine Smart」(LGS01)がセットになっている。「J:COM MOBILE」サービスの全体は別記事を参照していただきたい。

「LG Wine Smart」(LGS01)

 同端末は韓LGが8月にグローバル展開を発表していた端末で、日本市場への投入も検討しているモデルと案内されていた。

 最大の特徴は、フィーチャーフォンのような折りたたみ型のボディを採用する点だが、タッチ操作が可能なディスプレイを搭載し、Google Playにも対応するなど、基本的な仕様は一般的なスマートフォンに準じる形。「AQUOSケータイ」に代表される、あくまでフィーチャーフォンの使い勝手や通信の仕様を踏襲した端末とは異なる。

 リアカバーおよびテンキー側には、レザー調の質感を持つ素材が採用されている。

 サービス面では、「J:COMオンデマンド」アプリがプリインストールされ、同アプリのパケット通信料が無料になる。緊急地震速報アプリも搭載されている。方向キーの右上側には、「ざっくぅ」キーを用意。よく使う機能に簡単にアクセスできるようになっている。

 ディスプレイは3.2インチ、320×480ドット。チップセットは「MSM8909」で、1.1GHz駆動のクアッドコア。microSDカードスロットを搭載する。メインカメラは300万画素、インカメラは30万画素。OSはAndroid 5.1.1。

 通信方式は4G LTEで、VoLTEをサポートする。Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth 4.1、USBに対応。バッテリー容量は1650mAh。連続待受時間は約830時間、連続通話時間は約185分。ボディカラーはネイビー、ブラウンの2色展開。

 大きさは117.7×58.7×16.6mmで、重さは約143g。

(太田 亮三)