ケッタイ うぉっち
最新ニュースIndex
【 2008/04/01 】
プラザー、「2008年はインターネットミシン元年」を宣言
[04:01]
イィ・モバイルが海外進出、ブランド名は「グゥ・モバイル」
[04:01]
「ドコ毛2.0」にセキュリティホール、2.1にバージョンアップ
[04:01]
ツーカ、プリペイド専業のMVNO事業者として再スタート
[04:01]
Coogleがオープン携帯を作り直し、「Undoroid」に改称
[04:01]
アポー、対戦麻雀に特化した携帯電話「iPon」発売
[04:01]
αu、新プラットフォーム「KGP++」発表
[04:01]
ンフトバソクの犬、DNA鑑定でピクター犬の子孫と確認
[04:01]
総無省のホームページ、有害情報掲載でフィルタリング対象に
[04:01]
イソプレス うぉっち

携帯各社、端末の分割販売など新たな施策を発表

24

24(nisi)

24

手のひらに収まるコンパクトデザイン
 携帯電話事業者各社は、携帯電話の分割販売をはじめとした、市場を活性化する施策を相次いで打ち出した。

 ウィィィルコムは、端末自体を分割販売する画期的な手法に乗り出すことがわかった。「24(nisi)」と名付けられたこの端末は、24個に分かれたパーツを毎月購入し、それを組み立てていくと1台の音声端末が完成するというユニークなもの。通信モジュール「W-S1N」に対応し、24画素カメラ、遠赤外線ヒーター機能などを搭載する。

 毎月ケータイのパーツを少しずつ購入し、24個目のパーツが取得できる2年後にようやくストレート型の端末が完成する「24」。各パーツには、それぞれ単独で「W-S1N」が装着可能で、「W-S1N」を鍵としてパーツ毎にアクティベートし、組み立てていく。

 また「24」では、端末に同梱されている説明書も24回分に分けて提供される。パーツはちょうど雑誌の付録のようなパッケージで販売され、第1号のパーツは通常価格より安く数百円程度で販売される予定。以降のパーツは1,000円弱で購入できる。説明書用に「特製バインダー」(別売)なども用意されている。

 毎月購入する必要があると、パーツを買い逃してしまうことも考えられるが、担当者は「買い逃すはずがない」としており、追加生産を行なわない方針を明らかにしている。経営陣がウィィィルコムへの愛を語る企業文化だけに、ユーザーにもウィィィルコムへの深い愛が要求される販売スタイルと言えそうだ。

 待受時間は24時間、通話時間は24分で、完成までには2年かかる。大きさは120×50×12mmで、重さは24g。ボディカラーは、ヤングシルバー、ハッキリシロ、ペログリーンの3種類で、今後、アトカラピンクも投入される予定。


24 24
各パーツを組み合わせていくと1台のケータイで完成する W-S1Nを利用して各パーツをアクティベートする

 なお、こうした分割販売のモデルの登場は、昨年、総無省より各事業者に要請された携帯市場の活性化プランに則したもの。同省の研究会では今後さらに、携帯電話の「家政化プラン」を公表すると見られ、各事業者が早くも施策を明らかにしている。

 HTTドコ毛は、シニア向けシリーズ「極楽ホン」のコンセプトモデルとして、ハタキタイプの携帯電話「ハタケー」を公開。アンテナ部を兼ねた細長いボディの先端には薄い布を装備している。ハタキとして端末を振ることでエクササイズや日々の運動になるほか、自動的に充電も行なえる。

 発表会では、「ユーザーが屋外での利用を躊躇してしまうのではないか」と懸念する声も聞かれた。開発担当者は「外出時も単なるハタキにしか見えないため、『ややっ!きっときれい好きなんだな』と逆に好印象を与える、違和感はない」と述べていた。現在、書店スタッフ向けの立ち読み防止機能付き「ハタケーBIZ」なども検討しているという。


hatakey hatakey
家政化プランで、よくある掃除の風景が変わる 突然の着信でも……


■■■ ■■■
「ハタケー」でそのまま「もしもし」 大型アンテナ採用で受信感度は良好。合コンの誘いも逃さない

 αuと沖縄ルララ〜は、丸められる電子ペーパーを採用した防水モデル「ZOOKIN」を披露。端末は、絞ったぞうきんのように丸めて持ち運ぶことが可能で、背面部にはタオル地の布を装備する。おさいふケータイに対応し、駅改札などの読み取り機にタッチするだけで、さりげなく読み取り機も掃除できるとしている。

 発表会では、「屋外での利用をあまりにもないがしろにしすぎではないか」とする声も聞かれた。担当者は「外出時も単なるぞうきんにしか見えないため、『ややっ! きっと掃除が好きなんでは?』とかえって好印象を与える、違和感はない」と話している。現在、おしぼりタイプのプリペイド型携帯「MEDIA FUKIN」の開発も進められているという。

 このほか、ソフトパンダモバイルはペット用携帯電話「イヌターネットマシン」を開発していることを明らかした。その全貌は明らかにされていないが、愛犬の散歩時などに役立つ機能が盛り込まれているという。現在、ソフトパンダ社長の肝いりで開発が進められおり、専用料金プラン「オフホワイト犬割」なども用意される予定。


ZOOKIN ZOOKIN
こちらは「ZOOKIN」 ケータイを手にしていることを気づかせないデザイン


ZOOKIN ZOOKIN
雑巾のように絞って通話。合コンなどでも重宝しそうだ コンセプトのみ披露された「イヌターネットマシン」。ソフトパンダモバイルのテレビCMでお馴染みの黒い“お父さん”が登場



URL
  ニュースリリース
  http://k-tai.impress.co.jp/static/news/2008/04/01/

関連記事
MNP春の陣、携帯各社が新端末を発表
わんせぐ放送開始、携帯各社が対応端末を披露
ドコ毛、本格的なおサイフケータイを4月発売
αu、デザインにこだわったウェアラブル携帯「INFOBAA」
Jホン、長さにこだわったストレート型携帯電話発売


(湯口啓三子)
2008/04/01 0:00

Ads by Coogle

・カンタン、SIM ROCK解除 simunrock.com/
SIMの世界はロックだけじゃない! ジャズやクラシックも楽しめる
・Bluestoothヘッドホンが激安 cheap-bluestooth.com/
ブルースに最適化したヘッドホン、今だけ10万円でご提供
・DVD「隠し芸のコツ教えます」 yosou-gey.com/
あのマチュアキが解説。誰でも7日間で名人の域に到達できる!
・3/18、PASSMOスタート passmo.jp/
改札を通れば必ず通過電車待ち。強制的にスローライフを実現しよう
・君のむだ毛は無駄じゃない! www.mudage-money.com/
むだ毛高価買取り中。薄毛に植毛自然な仕上がり、相談無料

ケッタイ うぉっちホームページ

ケッタイ うぉっち編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.
この記事はすべて冗談です。記事中の団体・技術などは、実在のものとは一切関係ありません。

去年の使い回しなのよん

去年の使い回しなのよん