記事検索
連載バックナンバー

iPhone/iPadで録画番組を見られる地デジレコーダー


録画対応デジタルTVチューナー(SB-TV03-WFRC)

 ソフトバンクBBが販売している「デジタルTVチューナー」シリーズは、iPhoneやiPadでハイビジョンの地デジ放送、いわゆるフルセグ放送を楽しむための製品だ。放送中の番組を見るための「デジタルTVチューナー」と、録画機能にも対応した「録画対応デジタルTVチューナー」の2つの製品がある。

 これらの製品、いずれもピクセラ製で、デザインは多少異なるものの、使い方などはほぼ同じだ。今回紹介する録画対応モデルは、ちょっと値段が高い代わりに、別売りのUSBハードディスクを接続することで番組を録画できるようになっている。基本的な使い方や視聴機能については、録画非対応の「デジタルTVチューナー」と同じなので、そちらの記事も参照して欲しい。音声をBluetoothに出力できないなどの制限も共通である。

 「録画対応デジタルTVチューナー」の専用アプリも、「デジタルTVチューナー」の専用アプリとほぼ同じデザインで、放送中の番組を見る操作もほぼ同じだ。しかし「録画対応デジタルTVチューナー」の専用アプリには、画面下に録画関連のボタンが追加されていて、番組表閲覧、録画番組再生、録画予約確認ができるようになっている。機能は増えているが、やはりマニュアルなしでも一通り使えるくらい、わかりやすくシンプルな作りだ。


テレビ番組表。ジャンル別表示をすると、そのジャンルの番組がリストアップされる

 録画予約は、番組表をタップして行える。2番組同時録画やキーワード自動録画といった高度な機能はないが、2つのチューナーを搭載しているので、録画中に裏番組を視聴することもできる。また、Gガイド テレビ王国のリモート予約も利用可能だ(おまかせ録画は対応していない模様)。

 利用できるのは自宅内に限られるが、録画した番組をiPhone/iPadで見られるというのは、これまでのテレビにはない、新しい体験と言える。

 たとえば「テレビ番組を見たい」と思ったら、普通はその番組が放送されている時間帯にテレビの前に座る。しかし「録画対応デジタルTVチューナー」があれば、家の中ならば、いつでもどこでも、録画した番組から見たい番組を楽しむことができる。テレビ番組を楽しむのに、テレビの前にいなくてもかまわないのだ。


iPadでの視聴画面(モザイク処理あり) iPhoneでの視聴画面(モザイク処理あり)

 

 とくにiPadならば、画面も音も大きく、1mくらい離れていても十分に番組を楽しめるので、台所などでも使いやすい。ちょっとしたスペースがあれば、アップル純正のカバーなどでiPadを立たせるだけで、テレビ視聴の環境が整ってしまう。これならば家事作業中など、これまで活用しにくかった時間の中でも、「ながら見」が可能だ。

 コストとしては、「録画対応TVチューナー」本体の実売価格1万8000円程度に加え、USB接続のハードディスクが必要になる。ハードディスクは、それほどの容量は必要ない場合なら、合計で2万3000円くらい。iPhone/iPadの周辺機器としてはちょっと高めだが、しかし録画した番組をiPhone/iPadで楽しめるという唯一無二の機能を考えると、十分に安いと言えるかも知れない。

 なお、録画に使うUSBハードディスクは、ソフトバンクBBから専用品も売られているが、汎用品も利用できる。動作確認されている機器は限られているが、家に余っているUSBハードディスクがあるならば、自己責任でそれを試してみるのも手だ。ちなみにソフトバンクBBで売られている専用ハードディスクは、なぜかカートリッジ式であるiVDR仕様となっている。500GBで約1万円と安くはないが、本体のデザインは共通化されており、USBからの電源だけでも機能するなど、相性は抜群。テレビラックの中などをゴチャゴチャさせたくないならば、専用品を使うのも良いだろう。


ソフトバンクBBが販売する専用ハードディスク(上)は大きさがほぼ同じなので、重ねると一体化してしまう ハードディスク(上)はカートリッジ式のiVDR仕様だ

 

 

製品名 販売元 購入価格
録画対応デジタルTVチューナー ソフトバンクBB 1万8000円




(白根 雅彦)

2012/8/9 06:00