記事検索
最新ニュースIndex

10月の携帯・PHS契約数、ソフトバンクが3カ月連続純増トップ


 電気通信事業者協会(TCA)は、2009年10月末時点の携帯電話・PHSの契約数を公表した。携帯電話の純増数は、ソフトバンクモバイルが9万7500件(うちダブルナンバー契約は6300件純増)、イー・モバイルが8万件、NTTドコモが5万5100件(うち2in1契約は2300件純減)、KDDIが2万7500件となった。

 10月の契約純増数は、ソフトバンクが東京、東海、関西地域で契約を伸ばして3カ月連続のトップとなった。なお、携帯向けネット接続サービスの契約数は、Yahoo!ケータイが5万3500件純増する一方、ほか各社は、EMnetが400件、EZwebが6500件、iモードが9000件とぞれぞれ純減している。

 MNP件数は、ソフトバンクが3万件のプラス、イー・モバイルが差し引き0件で、KDDIが6700件、ドコモが2万3300件とそれぞれマイナスを記録。

 第3世代方式の純増数は、NTTドコモが22万9600件、ソフトバンクが19万5900件、イー・モバイルが8万件、auが3万1500件。プリペイド端末については、イー・モバイルが2100件の純増となる一方、各社がそれぞれ純減。ドコモが100件、auが4600件、ソフトバンクが1万5800件の純減を記録している。

 通信モジュールの純増数は、ソフトバンクが3万4900件、ドコモが9800件、auが7500件となった。なお、ソフトバンクの純増数には通信対応デジタルフォトフレーム「PhotoVision HW001」の契約数が含まれている。

 PHSのウィルコムは4万6600件の純減。ウィルコム沖縄を含めた全国各地で純減しており、3カ月連続で4万台の大幅な純減を記録している。累計契約数は438万8300件。なお、ウィルコムがMVNOとなってドコモ網で3Gサービスを展開している「WILLCOM CORE 3G」については6200件の純増となるが、TCAの集計ではドコモの契約数にカウントされる。

【携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ 55,100 55,241,600
KDDI 27,500 31,260,200
ソフトバンク 97,500 21,414,400
イー・モバイル 80,000 1,977,700
総計 260,100 109,893,900

【第3世代携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ 229,600 51,487,900
au 31,500 30,980,500
ソフトバンク 195,900 20,433,600
イー・モバイル 80,000 1,977,700
総計 537,000 104,879,700

【携帯電話:インターネット接続サービス契約数】
事業者 純増数 累計
iモード -9,000 48,660,700
EZweb -6,500 26,503,200
Yahoo!ケータイ 53,500 16,823,900
EMnet -400 57,600
総計 37,700 92,045,400

【PHS:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
ウィルコム -46,600 4,388,300
総計 -46,600 4,388,300

【BWA:加入者数】
事業者 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 21,700 21,700

 



(津田 啓夢)

2009/11/9 15:50


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.