ケータイ Watch
連載バックナンバー
この“第三の手”ったら便利!! 「パナバイスジュニア」
[2009/06/22]

BlackBerry Bold用ケース買いまくり
[2009/06/15]

BlackBerry Boldちょ〜好き!!
[2009/06/08]

ArduinoをShieldで遊ぼう
[2009/06/01]

2009年、Arduinoの現在
[2009/05/25]

SSDを使うニャ!! とか焦ってプチ失敗
[2009/05/18]

オリオスペックの静音PCを購入
[2009/05/11]

WILLCOM NSに興味津々!!
[2009/04/27]

ScanSnap最新型、S1500がイカシてる件
[2009/04/20]

カメラ周りをワイヤレスに!!
[2009/04/13]

電脳フィギュアARisで、話題の“拡張現実感”体験!
[2009/04/06]

6万円でお釣りがくる4TB NAS
「リンクステーション LS-Q1.OTL/1D」
[2009/03/30]

とても便利な“撮影スタンド"「WISTA サブスタンド88」
[2009/03/23]

イケてるiLife '09
[2009/03/16]

ワイヤレスマイクで音を撮る! ハンディカム「HDR-CX12」
[2009/03/09]

こんな雲台を連日使っとります
[2009/03/02]

WFT-E4がナイと拙者の生産性が激低下!!
[2009/02/23]

USB接続のサブモニターがアツい!?
[2009/02/16]

やっぱり気になる“まめカムHD”
[2009/02/09]

アクトビラってどーなのよ?
[2009/02/02]

電源回りにウルサい拙者
[2009/01/26]

ニコン謹製「メディアポートUP」を使ってみた!!
[2009/01/19]

無線LANで写真転送!! なSDメモリカード
[2009/01/05]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

モバイルセントラル
モバイルセントラル一覧へ
スタパトロニクスタイトルGIF
コレ1台で広角から望遠まで! 「キヤノン PowerShot S60」
スタパ齋藤 スタパ齋藤
1964年8月28日デビュー。中学生時代にマイコン野郎と化し、高校時代にコンピュータ野郎と化し、大学時代にコンピュータゲーム野郎となって道を誤る。特技は太股の肉離れや乱文乱筆や電池の液漏れと20時間以上の連続睡眠の自称衝動買い技術者。収入のほとんどをカッコよいしサイバーだしナイスだしジョリーグッドなデバイスにつぎ込みつつライター稼業に勤しむ。フォトエッセイのスタパデイズをAlt-R(http://www.alt-r.com/)にて連載中。


期待の新型PowerShot

キヤノン「PowerShot S60」。広角28mmからの光学3.6倍ズームレンズを搭載し、1台で広角から望遠まで幅広い画角をカバーできるのが特長だ。店頭価格は6万円前後。無店舗の激安店では5万円程度から
 はいキました出ましたキヤノンのコンパクト系デジカメの広角レンズ搭載モデル、PowerShot S60!! デジカメにおける広角撮影をいつも熱望する俺は、もちろん予約購入であり早速使用開始。てなわけで、使い始めてからまだ一カ月経たないけれど、とりあえず今現在の使用感や印象等々を露呈していきたい。

 まず携帯感。S60は、従来のPowerShot Sシリーズを薄型化・軽量化したモデルとなる。で、いきなり率直な印象から言えば、まあ確かに出っ張りが少なくなってスッキリした印象はあるんですけど、薄い感じも軽い感じもしないわけですなコレが。

 機能・性能から相対的に考えて、このサイズ・質量なら持ち歩くのは苦でないと言える───わりかし高性能で広角レンズまで搭載してるというゴージャス気味のデジカメとして考えればコンパクト、だが、単に常時携帯・ポケッタブルなデジカメとして考えると、もっと薄く軽くして欲しい。

 ちなみに、拙者の場合、このデジカメを持ち歩く時、最初はポケットにそのまま入れていた。服の素材によってはそれでもダイジョーブなんですけど、薄手のパンツとかだとポケット内にいかにも重めなナニカが入ってるという状態になってしまう。ので、結局、セカンドバッグに入れたり、ヒップバッグに入れたり。冬ならポケットに入れてもノープロブレムかもしれないが、夏場はポケット内に常時携帯するのに、やはり少々重めかもしれないと感じるわけだ。

 ……ってイキナリ細かいコトに対してウルサいですか? いやでもだって、キヤノンってやっぱりIXYデジタルLを始めとする超コンパクトデジカメ作ってるわけじゃないスか。ならPowerShot Sシリーズにも気合い入れてその小型化技術を搭載しまくって「こんなに薄型化・軽量化したうえに広角レンズまで搭載!!」てな感じでインパクトを与えて欲しかったわけですな。あ、でも、もしかしたら広角レンズ搭載のIXYとか出たりするんですか!?

 さておき、持ち物としての感触はイイ感じ。金属と樹脂を同色系でうまく組み合わせた質感は、IXYデジタル等に通じる高級感がある。また以前のPowerShot Sシリーズと比べると、このS60、スッキリとシンプルなイメージになった気がする。


やはり広角レンズはイイっ!!

 PowerShot S60の最大の売りは、やはり“28mm相当の広角ズームレンズ搭載”という点。具体的には35mm換算で28〜100mm相当の超高屈折率実現の新開発UAレンズ搭載てなコトなのだが、俺的には28mm相当というだけで[購入]ボタンが押せた。

 理由はいくつかあって、まずはキヤノン製の高画素なコンパクトデジカメであること。いわゆるキヤノン画質で撮れて、かつ、広角撮影をしても被写体のディテイルを十分に描写し、さらに、常時携帯可能なサイズのデジカメ。比較的に俺まっしぐらな存在であるS60と言えよう。

 もっと言えば、他社からも広角系コンパクト機は出てたりする。が、画素数がちょっと足りないとか、28mmってほどは広角でないとか、画質的にどーも好きになれない方向性だとかで、手放しで喜べる存在が非常に少ない。デカいデジカメならイイのがいくつかあるが、本格系・ハイエンド系を常時携帯するなら、レンズ交換してド広角も夢じゃない一眼レフタイプ持ってくだろ、とか思いがちな拙者である。

 ともあれ、S60の広角レンズでいろいろ撮りまくり。で、思うのは、やはり広角レンズは気持ちイイっつーことだ。ワイド側で35mm前後相当のレンズだと、やはりファインダー覗いた瞬間、既に光景がトリミングされてる気分なんスよ。撮る前から若干のゲンナリ感があるわけですよ。

 しかし、28mm相当くらい広い範囲を写し込めると、(俺の場合ですけど)肉眼で感じたのと近い光景が、ファインダー上に現われてくれる。この光景を画像として残せるのダ!! というプチ嬉しさが、ファインダーを覗いてもまだ減退していない。撮るゼ!! という昂揚が持続するのだ。

 などという抽象的な話は以前にも何度かしたよーな気がするので、この辺で。S60の広角側で何枚か撮ってみたので、実際の写真をごらんいただきたい。


拙者の好きな被写体のひとつ、鉄塔。下から見上げると、うわーっ、てな感じで圧倒的にデカい。のだが、フツーのデジカメだと、鉄塔の下からではその全部を写し込めない。しかし、28mmくらいの広角レンズだと、肉眼で感じた(見えたってコトでなくて)のに近い迫力で撮れる。やはり広角レンズは気持ちイイのだ 湖の中に立ち込んで撮影。すぐ前は急に深くなっており前進できず、すぐ後ろは葦原があって後退できない。この位置からしか撮れない!! けど上下左右広く写し込みたい!! てな場合にも広角レンズはすげぇ便利。……ちなみに、湖上を広く写したかったのは、後日知人に「この葦原のちょっとえぐれてるところで爆釣したんだよココ最高イイよ」と釣り情報を伝達するためだったりして

 広角レンズの気持ちよさをご存じの方にとっては、コンパクトデジカメにおける28mm相当のレンズってだけで、恐らく非常に魅力的だと思う。また、広角だからこそ撮れる風景・シチュエーションってのも多い。上の葦原写真のような立ち位置限定の場所なんかがそうだ。

 なんで、とりあえず広角っつーだけで便利だったり愉快だったりするのだが、時として広角特有のムツカシサも出てくる。例えば、構図によっては被写体を歪めてしまうとか、フラッシュ撮影で光が十分回らないとか。


狭いケージの中にたたずむねこ。35mm相当程度のレンズでは撮影しにくい状況───被写体が入りきらなかったりいかにも狭そうに写ったりしがちだ。が、広角レンズを使うとしっかり撮れる ところが、アングルによっては被写体がミョーに歪んでしまったりもする。ねこちゃんを広角&ドアップで撮ると、なーんか鼻が細長いように写ってしまったりするわけだ。被写体が女性である場合、叱られる可能性が高い

広角側でフラッシュ撮影をした。フラッシュ光が画面周囲まで十分に行き渡らず、画面四隅がやや暗くなってしまった。発光量を調整すればこれよりはマシになるかもしれないが、広角撮影にはある程度発光量の多いフラッシュが必要になるものだ。ちなみに、画面四隅の暗さはいわゆる“レンズの周辺光量落ち”ではない

 それから、PowerShot S60のレンズはワイド側が28mm相当の広角であると同時に、3.6倍の光学ズームレンズとなっている。28〜100mm相当のズームレンズなわけだが、このズーム域、わりとまあまあ実用的である。風景撮影等を中心とした広角撮影から、ある程度のポートレイト等にも使い回せる。欲を言えば、140〜150mm相当あたりまでの望遠性能が欲しいし、さらには300mmくらいまで撮れたら文句なしだが、ていうかコンパクト機じゃ無理だが、まあ28〜100mm相当でもいろいろ撮れて楽しめる。


ワイド側いっぱい(28mm相当)とテレ側いっぱい(100mm相当)での比較。こちらはワイド側いっぱいで撮影。かなりの広角から少々の望遠までイケる テレ側いっぱい(100mm相当)での撮影例。150mm程度までの望遠性能があれば、山をもう少しアップで撮れるのだが……

なかなかイイぞ、S60のキヤノン画質

 気持ちイイ画角で撮れるS60だが、その画質にも満足できた拙者。キレの良さと色合いの良さを兼ね備えたキヤノン画質は、S60にもビシッと搭載されていた。


ノイズ僅少でありかつ豊かな発色をするキヤノン画質っていうかDIGIC画質 低画素機では細部が潰れてしまうような被写体でも、500万画素撮像素子とDIGIC画質が相まって、スッキリ&精密に描写してくれる

ねこちゃんの毛並みもこのとおり……のハズだったんですけど、すげぇ良く動くねこなんで、若干被写体ブレしているかも!? ともあれ、繊維や毛など細かいモノを写させたら最強に強まってるキヤノン画質と言えよう 鮮やかな色も落ち着いた色も、バランス良く出してくれる

 撮っていて楽しいのは、俺好みのキヤノン画質ってこともあるわけだが、それに加えて500万画素という解像力だ。

 フツーにデジカメ写真を楽しむ、遊ぶ、というくらいなら、ぶっちゃけた話、300万画素あたりでも十分なんじゃないかな、とか思う。もちろん、用途やユーザーの嗜好もあるが、ある程度以上、撮像素子が高画素になると、それに伴う不便も出てくるわけで。

 例えば、画像ファイルサイズが大きくなるので、メモリカードも大容量なものが必要。ファイルサイズが大きいから、デジカメ上で再生するときに時間がかかったりも。そんなちょいとした不便を乗り越えた上で高画素にて撮影した画像だが、結局、A4オーバーのサイズでプリントしたりしないと、高画素の良さが生かせなかったりして……パソコン上だけで画像閲覧してる人にとって、高画素であるメリットってのは案外少なかったりする。

 けれど、実用上の利点云々ってよりも、高画素で撮影するとやはり愉快なのである。例えば近接撮影なんかすると、肉眼ではよく見えないような被写体のディテイルまでしっかり写っちゃってマクロワールド拝見な感じで新鮮。


わぁ見たことないピザの表面質感が、ハンバーグの表面に浮かぶ油成分が!! てなわけで、高画素デジカメによる近接撮影とかすると、画像の細部までキッチリと潰れることなく描写されて愉快。 あらかじめ高画素で撮っておくと、後に縮小やレタッチなどする時に“容易に高画質風に見える加工”ができたりしてナイス

 また、特にS60の場合、広角レンズが搭載されている。で、500万画素という高画素で、広い光景を一枚の写真に写し込む。と、やはり被写体のディテイルがよーく描写されるわけですな。単に広い光景が写っているというだけでなく、その光景内の部分部分まで精密に描写され、情報として残っている。

 そのことは、低画素・広角レンズの組み合わせでは不可能な高精細印刷を可能にするのはもちろん、パソコンの画面上で閲覧した場合も(ソフトウェアの画像処理エンジンにもよるが)より緻密な質感となって画面上に現われる(Adobe Photoshopなんかで画像を閲覧すると一目瞭然ですな)。……ついでに、やっぱりですね、モトが高画素なデータだと、レタッチや縮小加工等した時、できあがりもキレイなんすよマジで。

 てなわけで、いつもは300〜400万画素あれば十分楽しめると思ったりする俺だが、実際に500万画素以上の高画素画像を扱うと、結局なんだかんだ言っても“情報量の多さ”ってのは偉大だと感じてしまう。とりわけ広角レンズ搭載デジカメでは、だ。


高機能だけれどクイック感高し

 PowerShot S60はレンズ画角的にもサイズ的にも画質的にも、かなり満足のいく一台となっている。また、デジカメとしての操作性等も多くの点でイイ感じだ。

 例えば、撮影・再生がIXYデジタル並みにお手軽だということ。撮影時はS60前面のレンズバリアをスリッとずらす。と、レンズがせり出し、2秒少々で撮影可能状態になる。再生時はレンズバリアを開くことなく、本体背面の再生ボタンを若干長押しすれば画像が再生される。撮影状態から再生状態にする時は、再生ボタンをポンと押せばよい。

 撮影・再生に関しては、どの状態からもワンアクション───レンズバリアをスライドさせるか、再生ボタンを押すだけだ。このクイック感、PowerShot G系、PRO系、S1 IS等と比べるとヤケに気軽であり、思う間もなく撮影や再生を行なえて快適だ。あるいは、IXYデジタルの電源ボタン長押しや動作モードスイッチ切り替えと比べても、ワンタッチ感が高い。

 だが、これらスムーズな印象からすると、意外なほどにS60は高機能だったりする。カメラ任せのフルオート撮影、ポートレイトや風景などシーン別の撮影モードがあるのはもちろん、プログラムオート、シャッター速度優先オート、絞り優先オート、さらにマニュアル撮影ができ、ユーザー独自の撮影設定を丸ごと記憶させられるカスタム設定も使える。ので、押すだけ簡単デジカメとしても、絞り値・シャッター速度等を吟味しての凝った撮影ができるデジカメとしても使える。

 また、最近のキヤノン製デジカメでは定番となりつつある機能ボタンことファンクション(FUNC.)ボタンも搭載されている。FUNC.ボタンを一押しすれば、露出補正、ホワイトバランス、ドライブモード、ISO感度、色効果、ブラケット、ストロボ自動調光・ストロボ発光量、記録画素数・圧縮率などの設定を4方向キーで容易に手早く変更できるというアレ。ちなみにS60の場合、4方向キーの真ん中にSETボタンがあるので、MENU等から行なう操作もクイックに完了していける。

 操作性全般、イイ感じ。後述のようにサイコーにイイって印象ではないものの、高機能でありつつも容易に扱えるという操作感を各所に持つ一台だ。IXY系が初心者向けとすれば、G系やPRO系は上級者向けってことで、その中間に位置するPowerShot S60。写真がおもしろくなってきたから、もーちょい凝った撮影とかしたい、あるいはG系PRO系とかだと容易さに欠けるし高い気もするからややお手軽系デジカメが欲しい、てな人に向く機種かも。


機能的には十分だが、もーチョイ……

 広角レンズという魅力、それを十分に生かすレンズ性能および撮像素子画素数&画像処理エンジン。撮影機能も豊富で、ラクして撮るにもちょいと凝るにも向いているS60。価格的にも比較的に買いやすいし、よくバランスの取れた製品だと思う。

 が、使っていて不便に感じるところも少々。ひとつは前述したサイズ・質量で、やはりもう少し薄め・軽めにして欲しいところ。

 それから、ちょっと凝った撮影、より効率のよい使い方を目指そうとした時の操作性。これが、んーむ、若干イマイチ感が漂っていたりする。

 例えば画素数生かして撮った場合、低圧縮・高解像度の設定にするわけだが、そうして撮ると再生がけっこー遅い。カシオやペンタックスの同程度(画素数)の機種と比べると、わりあい激遅。撮影と再生を繰り返す撮影スタイルだと、S60の再生速度の遅さがちょっとしたストレスになる。

 S60には再生時の画像を部分拡大する機能は(もちろん)あるが、これもさほど速く動作してくれない。が、その遅さを回避する機能は用意されている。具体的には、通常は10段階で画像が拡大されるが、SETボタンを押しながら拡大操作をするとこれが3段階になる。手っ取り早く画像を拡大・縮小したいという時には便利な機能ですな。

 しかし、この機能の操作が、なーんか現実的でないよーな……。画像拡大はズームボタンで行ない、その拡大段階を間引くためにSETボタンを同時に押す、というのが前述の機能だ。ところが、これ、ちょっと片手じゃ行ないにくい。ズームボタンとSETボタンは本体背面右側に寄っていて、その位置関係上、片手じゃちょいと無理な感じ。なので、両手で行なう。右手親指でズームボタン、左手の指でSETボタン……とするのだが、これまた非常にヤリにくい。なんで片手もしくは両手で、快適に行なえるようなボタン位置もしくはボタンへの機能振り分けにしていないのかなぁ、と。

 この一点だけ言えば、非常に些細な難点かもしれない。しかし、S60いじくってると、他にも何だかシックリ来ない使いにくさがあったりするんですな。どれも些細なコトではある。例えばAEロック機能が測光方式切り替えボタンに割り振られている。ソレがそのためのボタンだと覚えちゃえば何のことはないのだが、マニュアルを読まないと絶対に発見できそーもない機能の割り振りという印象が残る……みたいな箇所がけっこーポツポツあるんですな、S60には。

 位置づけ的には、初心者でもOKだし、レベルアップしたい人には特にオススメだし、デジタル一眼や他のハイエンド機を使ってるユーザーのサブとしてもイケてる、てな感じのS60。実用性の高いデジカメだとは思うのだが、ターゲットが広いゆえ、機能の実装方法───ボタンへの機能の割り振りが若干あやふやっつーかぎこちないっつーかちぐはぐっつーよーな気がした。

 ただ、どれもわりと些細な難点だったりする。それら些細な点が使いにくいからS60はダメって話ではなく、そういう些細な点をガシガシとブラッシュアップすれば、28mm広角で500万画素でポケッタブルってことでS60はキョーレツな一台になるのにそうしないキヤノンはやや不思議だよなぁとか思った拙者であった。



URL
  PowerShot S60製品情報(キヤノン)
  http://cweb.canon.jp/camera/powershot/s60/
突然ですが写真集発刊のお知らせ!!

 突然ですがッ!! しゃしゃしゃ、写真集が出ます!! イラストレーターとしておなじみの寺田克也さんと、拙者スタパ齋藤と、アレコレいろいろやってる編集者の伊藤ガビンさん等々による写真集『ジョン・シンメトリー』が、6月25日に発売決定!! B5変型・144ページ・税込価格2,310円ッ!!

 この本、表紙はワンちゃんなんですけど、犬の写真集じゃなくて、線対称の合成写真を超多量に集めた“シンメトリー写真集”となっとります。ほぼ全ての写真がデジカメによるもので、これを左右や上下などが線対称となるように合成してるわけですな。

 一見、普通っぽい風景なんだけど、よく見ると異常な世界になってる写真。あるいは、ナニコレ!? CG!? と思えるけど、よーく見ると自然の風景を貼り合わせてあるだけ、みたいな写真。ある種、常軌を逸した不思議な世界がてんこ盛りの写真集なので、ぜひお買いあげ&ご高覧ください!!  また、この写真集の発売を記念してイベントが開かれます。内容は下記の通り。


::: イベントのお知らせ :::
「ジョン・シンメトリー」(ラピュータ刊)発売記念イベント
寺田克也・伊藤ガビン/シンメトリー写真スライド&トークショー

期日:7月31日(土) 14:00〜(開場13:30)
会場:三省堂書店神田本店 第二アネックスビル4F
   (東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・都営三田線「神保町駅」下車)
定員:三省堂書店神田本店にて本書お買い上げの方(先着100名様)
お問合わせ・ご予約:三省堂書店神田本店/ご来店またはお電話にて
          TEL.03-3233-3312 (代表)


 てなわけで、ご興味おありの方はゼヒ!!


2004/07/12 17:38

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation  All rights reserved.