ニュース

ドコモの2014年冬〜2015年春モデル、価格帯まとめ

 9月30日、NTTドコモがスマートフォン7機種、タブレット2機種などを発表した。本誌では、各機種の詳報でその発売時期と価格の目安をお伝えしているが、あらためてまとめてみた。

 発売時期を見ると、冬春モデルとされているが、スマートフォンとタブレットは年内に出揃う見込み。NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏は「年末商戦に向けて前倒しした」とコメントしており、ひとまず冬商戦に注力する方針のようだ。

 スマートフォンの価格帯については、月々サポート適用後の実質負担額が4万円〜5万円になる一方、他社から乗り換えるMNPの価格を見ると、「GALAXY Note Edge SC-01G」と「Xperia Z3 SO-01G」が新規・機変より安価になるようだ。また「Disney Mobile on docomo SH-02G」も新規とMNPの実質価格が安い。こうした値付けは、他社との競争を見据えた戦略的な設定と言える。なお、ドコモが「負担のない価格」としているものは、“実質0円”を意味すると見られる。

 なお、発売日が決まっている機種は、NTTドコモのオンラインストアでも具体的な価格を確認できる。たとえば「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」の一括価格は9万3312円、実質負担額は5万5728円だ。

カテゴリー 機種名 発売時期 新規 MNP 機種変更 契約変更
スマートフォン GALAXY S5 ACTIVE SC-02G 2014/10/04 5万半ば 5万半ば 5万半ば 4万半ば
GALAXY Note Edge SC-01G 10月下旬 6万後半 2万半ば 6万後半 5万後半
ARROWS NX F-02G 10月下旬 5万半ば 5万半ば 5万半ば 4万半ば
1万程度
Xperia Z3 SO-01G 10月下旬 4万後半 1万程度 4万後半 3万後半
AQUOS ZETA SH-01G 11月中旬 4万後半 4万後半 4万後半 3万後半
Xperia Z3 Compact SO-02G 11月中旬 3万後半 3万後半
1万程度
3万後半 2万後半
Disney Mobile on docomo SH-02G 11月中旬 1万半ば
1万程度
1万半ば
1万程度
5万半ば 4万半ば
タブレット ARROWS Tab F-03G 11月中旬 2万後半 2万後半 2万後半 2万後半
GALAXY Tab S 8.4 SC-03G 12月中旬 2万前半 2万前半 2万前半 2万前半
フィーチャーフォン P-01G 11月上旬 1万程度 負担のない価格 2万前半 2万前半
3万程度
N-01G 11月中旬 1万程度 負担のない価格 2万前半 2万前半
3万程度
らくらく らくらくホンベーシック4 2014/10/04 1万後半 負担のない価格 1万後半 1万後半
3万前半
キッズ キッズケータイ HW-01G 11月上旬 1万半ば 1万半ば 1万半ば 1万半ば
ルーター Wi-Fi STATION HW-02G 2015年2月 負担のない価格 負担のない価格 負担のない価格 負担のない価格
Wi-Fi STATION L-01G 2015年3月 負担のない価格 負担のない価格 負担のない価格 負担のない価格

※【追記 11月14日】 表中の価格は10月1日の発表時のものだが、実際の発売までに変更された価格は、打ち消し線で変更した

(関口 聖)