ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

過去記事で振り返るボーダフォンの軌跡

 ソフトバンクが買収することになったボーダフォンの日本法人。同社は、2003年10月にそれまでのJ-フォンから社名をボーダフォンに変更し、サービスを展開してきた。

 ボーダフォンの前身となるJ-フォンは、旧国鉄など鉄道系の大手通信事業者である日本テレコムが中心となって設立された、9つの携帯電話事業者が母体となる。東京デジタルホン、関西デジタルホン、東海デジタルホン、デジタルツーカー九州/中国/四国/北陸/東北/北海道の各地域会社は、社名やブランド名の変更の末、「J-フォン」となった。当時のイメージキャラクターには藤原紀香などが起用されていた。

 2001年2月、英ボーダフォンは、米AT&Tから日本テレコムの株式を取得し、筆頭株主になると発表。Vodafone Group Plcは、2001年10月に日本テレコム株式の公開買付けを完了し、日本テレコムとその子会社のJ-フォンの経営権を握ることで、日本の携帯電話市場に歩を進めていくことになる。

 2001年11月、J-フォンは地域会社を統合し1社体制となる。2002年には、親会社の日本テレコムが日本テレコムホールディングスに社名変更し、固定通信部門の日本テレコムと、携帯電話部門のJ-フォンでサービスを展開。だが、2003年8月、日本テレコムは米投米資会社リップルウッドに売却されることが発表された。同社はその後、ソフトバンクが買い取ることになるが、今回のボーダフォンの買収によって、日本テレコムは再びボーダフォンと同じ親会社となる。


 携帯電話事業では、2003年10月1日にブランド名と社名を、「J-フォン」からボーダフォンに変更。J-フォンのメールやインターネットサービス「J-スカイ」も、「ボーダフォンライブ!」へと変更された。2004年夏には、NTTドコモの副社長だった津田志郎氏の社長就任を発表。翌年2月、津田氏は早くも社長退任を発表し、ボーダフォンUK社長のウィリアム・モローが社長に就任。現在の津田・モロー体制となった。

 サービス面では、J-フォン時代(2000年)に同社が打ち出したカメラ付き携帯電話で撮影した画像をメール送信できるサービス「写メール」が大ヒット。若者層を中心に話題を呼んだ同サービスは、auやドコモでも追従し、現在の携帯電話に必須のサービスとなっている。

 だが、写メール以降、同社はヒットに恵まれなかった。2002年に満を持して送り出した3Gサービス「Vodafone Global Standard」も、いつの間にか名称自体が消えてしまった。同社はその後、3Gへの展開を強めるが、津田氏自身が失敗と語る2004年末の世界共通の3G端末はユーザーに響かず、一時は月毎の携帯電話加入者数が純減に転じる苦しい時期もあった。同社では2005年後半からは反転攻勢の年と位置づけていた。

 なお、今回の買収で新たな体制となるボーダフォンだが、2005年2月の会見で津田氏は、ボーダフォンの課題の1つとして、東京デジタルホンからJ-フォン、ボーダフォンと短期間に体制が変化したことによる問題を挙げていた。

【2001年】
2001.02.27 英Vodafoneが日本テレコムの筆頭株主に
2001.05.02 ボーダフォン、BTから日本テレコムグループ株を取得
2001.08.24 J-フォングループが11月に統合、ボーダフォンと提携深め3Gに備える
2001.09.20 ボーダフォンが日本テレコム株式を公開買付、経営権握る
2001.10.31 11月1日から1社体制のJ-フォン、新役員体制を発表
2001.12.20 J-フォン、ボーダフォンのロゴが入った新コーポレートロゴを発表

【2002年】
2002.04.24 J-フォンが3Gサービスの開始を再延期、試験サービスは6月末から
2002.06.07 J-フォンの「写メール」対応端末、5月末で500万台を突破
2002.10.25 J-フォン、2003年中に「ボーダフォン」へブランド名変更
2002.11.20 公取がJ-フォンに立ち入り、小売店への販売価格拘束の疑い
2002.12.03 J-フォン、海外でも利用できる3Gサービス
2002.12.03 J-フォン、Vodafone Global Standard対応の3機種を発表
2002.12.16 年間ヒット商品番付、J-フォンの「写メール」が東の大関に

【2003年】
2003.02.05 ボーダフォン、日本テレコムをリップルウッドに売却か
2003.05.27 J-フォン、10月1日からブランド名を「ボーダフォン」に
2003.07.15 J-フォン、「J-スカイ」を「ボーダフォンライブ!」に変更
2003.07.17 【WIRELESS JAPAN 2003】
正面に3G端末を並べ、ボーダフォン色を強めるJ-フォンブース
2003.08.18 J-フォン、写メールにも対応したVGSのネット接続サービス
2003.08.21 日本テレコム、リップルウッド傘下に
2003.09.05 J-フォン、社名も「ボーダフォン」に
2003.09.30 J-フォン、J-スカイウェブのメニューを「Vodafone Live!」に
2003.11.11 ボーダフォン、新メールアドレス「vodafone.ne.jp」の運用開始
2003.11.12 ボーダフォンの持株会社、社名をボーダフォンホールディングスに
2003.11.13 VGS向け「ボーダフォンライブ!」が12月1日スタート、着うたも配信

【2004年】
2004.05.25 ボーダフォンHDとボーダフォンが合併、上場廃止へ
2004.05.25 ソフトバンク、日本テレコム買収を検討
2004.05.25 ボーダフォン、全社員を対象に約600人の希望退職者を募集
2004.05.25 ボーダフォン、2003年度は最終赤字
〜定額制導入の検討、海外製端末の国内投入にも言及
2004.06.22 ボーダフォン、ハッピーボーナスなどの解除料を条件付きで無料に
2004.06.23 ボーダフォンのグリーン社長が突然辞任、後任はクラーク氏に
2004.08.16 元ドコモ副社長の津田氏がボーダフォンに入社、12月から新社長に
2004.09.22 ボーダフォン、W-CDMA方式の新端末7モデルを発表

【2005年】
2005.02.07 1月末の契約者数、ボーダフォンが58,700人の純減に
2005.02.07 ボーダフォン津田氏退任、新社長にモロー氏
2005.03.07 2月末の契約者数、ボーダフォンが2カ月連続で純減
2005.04.18 新社長モロー氏、日本ボーダフォンの改革姿勢を打ち出す
2005.07.01 ボーダフォン、3つの定額をアピールする「しまクリ三兄妹」
2005.10.11 ボーダフォン、4つ目の定額「LOVE定額」導入
2005.11.22 ボーダフォンの3Gサービス、3年かけて200万突破

【2006年】
2006.02.28 ボーダフォン、今年はメール・コミュニティに注力
2006.03.04 英ボーダフォン、日本法人をソフトバンクに売却で交渉


関連記事
ソフトバンク、ボーダフォン日本法人買収で英本社と合意
ヤフー、ソーシャルネット事業部やモバイル事業部など組織再編


(津田 啓夢)
2006/03/17 22:41

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.