ニュース

ドコモ、2014年冬〜2015年春モデルを発表

 NTTドコモは、2014年冬〜2015年春に登場する新機種を発表した。スマートフォン7機種とタブレット2機種、フィーチャーフォン2機種、らくらくホンシリーズ1機種、キッズケータイ1機種がそれぞれ年内に登場する。また子供向けの腕時計型端末「ドコッチ」とキャリアアグリゲーション対応のモバイルルーター2機種が来春に登場する。

カテゴリー 機種名 発売予定時期
スマートフォン GALAXY S5 ACTIVE SC-02G 10月4日
GALAXY Note Edge SC-01G 10月下旬
ARROWS NX F-02G 10月下旬
Xperia Z3 SO-01G 10月下旬
AQUOS ZETA SH-01G 11月中旬
Xperia Z3 Compact SO-02G 11月中旬
Disney Mobile on docomo SH-02G 11月中旬
タブレット ARROWS Tab F-03G 11月中旬
GALAXY Tab S 8.4 SC-03G 12月中旬
フィーチャーフォン P-01G 11月上旬
N-01G 11月中旬
らくらく らくらくホンベーシック4 10月4日
キッズ キッズケータイ HW-01G 11月上旬
ルーター Wi-Fi STATION HW-02G 2015年2月
Wi-Fi STATION L-01G 2015年3月
その他 ドコッチ 2015年3月

 スマートフォンは、全機種、VoLTEをサポート。VoLTEの進展にあわせて、呼出音変更サービス「メロディコール」が高音質になる。高音質な楽曲データであるハイレゾ音源に対応する機種が用意されるほか、ホームアプリはクラウド対応となり、今後の機種変更時にどのアプリをインストールしていたかといった情報が保存され、アプリを引き継ぎやすくなる。

 また、世界的に“セルフィ”(自撮り)が流行していることにあわせて、インカメラの性能拡充も図られている。

全機種ハイレゾに対応

 今回発表されたスマートフォン7機種、タブレット2機種は、いずれも高音質な楽曲ファイルである、ハイレゾ音源をサポートする。いずれもDAC(デジタルアナログコンバーター)を用いずに、対応ヘッドホンやスピーカーを使って楽しめる。

docomo LIVE UXがクラウド対応

 ホームアプリ「docomo LIVE UX」がクラウドに対応する。対応機種は今回発表の9機種(スマートフォン7機種、タブレット2機種)これは、機種変更に向けた機能で、利用中のホーム画面のレイアウトをそのままバックアップし、機種変更後の新しい端末で、そのレイアウトを復元できるようにする。

 バックアップされるのはレイアウトのみで、アプリ本体やアプリ内の設定は対象外。そのため、機種変更後、新しい端末では、アプリ自体はあらためてダウンロードする形となる。

 もし複数のスマートフォンやタブレットを同時に使っていると、一方でダウンロードしたアプリのアイコンが、もう一方の端末にも自動的に表示される。これはレイアウト情報のバックアップ、復元によって実現するもので、この際もアプリを利用するには、アプリ自体のダウンロードが別途必要。

LTEとWi-Fiで同時接続、高速になった機種も

 これまでも一部の機種でサポートされていた、LTEとWi-Fiの同時接続機能が拡充された。

 対応機種は「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」「GALAXY Note Edge SC-01G」「ARROWS NX F-02G」「AQUOS ZETA SH-01G」「Disney Mobile on docomo SH-02G」のスマートフォン5機種、そして「ARROWS Tab F-03G」「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」のタブレット2機種、あわせて7機種。

 このうち、ARROWS NX、AQUOS ZETA、ARROWS Tabの3機種は、たとえばWi-Fiの電波が弱いエリアでも、LTEとWi-Fi双方の通信をあわせることで、安定して通信できる機能が盛り込まれている。

TD-LTE対応機種、中国で利用可能

 新機種のうち、GALAXY Note Edge SC-01G、Wi-Fi STATION L-01Gは、TD-LTEに対応する。国内では利用できないが、中国などTD-LTE対応エリアでLTEローミングが利用できるようになる。

 GALAXY Note Edge SC-01GとARROWS NX F-02Gの2機種は、700MHz帯にも対応しており、北米などの700MHz帯のLTEローミングが利用できる。

(関口 聖)