ケータイ Watch
レビューバックナンバー

「G9」レビュー
長く使えるデザインのiidaファーストモデル
[2009/04/27]



「Mobile pico projector」レビュー
iidaブランドの携帯向け小型プロジェクター
[2009/04/24]



国際ローミングを試す
海外でも安心なドコモのデータ通信
[2009/04/23]



「WILLCOM NS」ファーストインプレッション
システム手帳に収納できるネット専用端末
[2009/04/17]



「932SH」レビュー
フルモデルチェンジしたAQUOSケータイ最新モデル
[2009/03/06]



「SH-04A」レビュー
普通のケータイの流れをくむタッチ&フルキーケータイ
[2009/03/04]



速報レビュー
iPhone OS 3.0はバージョンアップでこうなった
[2009/06/18]



速報レビュー
エリア限定でスタート、ウィルコム「XGP」の実力を試す
[2009/06/17]



速報レビュー
本日スタートのUQ WiMAXの実機を試す
[2009/02/26]



「H001」レビュー
ワンタッチで立体画像を楽しむ3Dケータイ
[2009/02/10]



「Premier3」レビュー
3つのスタイルが楽しめるWalkmanブランドの音楽ケータイ
[2009/02/09]



「P-03A」レビュー
女性層をターゲットにした「Wオープンスタイル」モデル
[2009/01/16]



「L-01A」レビュー
カメラやワンセグを搭載したLG製タッチ携帯
[2009/01/14]



「SH-02A」レビュー
8色のカラーバリエーションにバランス良く機能を搭載
[2009/01/15]



「Xmini」レビュー
auの超コンパクトなWalkmanケータイ
[2009/01/06]



気になるケータイ周辺グッズ
UQ回線を共有する「WiMAX Wi-Fiゲートウェイセット」
[2009/04/15]



気になるケータイ周辺グッズ
IIJのモバイルWi-Fiルーター「クティオ」
[2009/04/08]



気になるケータイ周辺グッズ
どこでも無線LANでネットにつながる「どこでもWi-Fi」
[2009/02/24]



気になるケータイ周辺グッズ
iPhone用ワンセグユニット「TV&バッテリー」を試す
[2009/01/05]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年
iモード有料着メロサイト全紹介
第1回:企画が充実! 曲数豊富な「メロDAM」

「メロDAM」和音着メロサービス概要

 「メロDAM」はカラオケの第一興商が提供する着信メロディサービスで、カラオケ情報を提供する「カラオケDAM」メニューの中にある。サービス料金などの基本情報を下表にまとめてみました。ちなみに、この集中企画でご紹介する内容はすべて、基本的に和音着信メロディについてのもの。

 スコア表示する単音の着メロの利用料は月300円で、利用曲数の制限はなし。単音着メロの対象機種は、D501i、N501i、P501iの3機種です。

【月額料金など】
月額料金月300円・10曲(一度ダウンロードした曲は同月内なら何度でも再ダウンロードできる)
対応機種(和音)3和音:P502i・D502i、4和音:N502i
iモードメニューからのアクセス「エンターテイメント」→「着信メロディ/カラオケ」→「メロDAM&カラオケDAM」→「メロDAM」→「メロDAMへGO」
和音着メロ登録曲数約2000曲(4月17日現在)

【「メロDAM」メニュー】
新着ヒットヒット!最新ヒット曲の紹介、随時更新
アーティスト of Week毎週、ひとり(1組)のアーティストを特集するコーナー
ジャンルメニューRock&Pops、Dance&Soul、Jazz、クラシック、World Music(サンバ、レゲエ、カントリー、日本の民謡)、ポピュラー定番、映画サントラ、TV・CM、アニメ&ヒーロー、童謡・唱歌とジャンル別のメニュー
日本歌謡天国「平成のヒット曲」「昭和のヒット曲」「演歌の心」「ニューミュージック」「フォークソング」「ALLジャニーズ」「解散シテシマッタ」「ムード歌謡」「GS&ロカビリー」「コミカルソング」などの企画がいっぱい
お題で遊ぼ!「桜だけが花でナイ」「ただ今授業中」「椎名という名で」「80年代あのヒット」など、テーマごとにおすすめソングをラインナップしたコーナー
メロDAMサーチ歌手名検索、曲名検索で検索できる
ドロン嬢のツブヤキよくわからないコーナーなのだが、意地悪そうな顔をしたアヒルのイラストが出てきて、1曲おすすめを紹介している。3月末まではアヒルの名付け親を募集していた。くだらないと思いつつも、覗いてしまうサイト
残曲数利用曲数と、残り曲数をチェックできる
登録メニューマイメニュー登録、マイメニュー解除、登録情報の変更、マイメニュー再登録ができる



■ チェックポイント

 ここでは、マイメニュー登録・削除、再ダウンロードの使い勝手をチェック。星5つで評価してみました。★5つが満点です。

マイメニュー登録★★☆☆☆
 マイメニュー登録するのに、「名前・性別・メールアドレス・住まい(都道府県のみ)・血液型」を入力しなければならない。はっきしいって面倒。血液型って、どういう必然性があるのかなあ。ともあれ、以上の項目を入れたら、iモードパスワードを入力して、登録完了。

マイメニュー解除★★★★☆
 「もしよろしければ解除の理由をお聞かせ下さい」という質問が表示されるけど、書かなくてもOK。解除ボタンを押して、パスワードを入れると解除完了。これはカンタン。

マイメニュー再登録★★★★☆
 一度解除したけど、もう一度登録したいときは、「マイメニュー登録」を押すと「登録済み:マイメニュー再登録をされる方は[次へ]へ進んで下さい」と表示される。 次へを押すと、「現在、以下の情報で登録されております。そのままマイメニュー登録をされる場合は、下の[マイメニュー再登録]を押して下さい。現在の登録情報を変更される場合は、その下の[登録情報変更]を押して下さい。」と表示される。[マイメニュー再登録]を押すと、iモードパスワード入力画面が出て、決定ボタンで、登録完了。これもカンタン。

同月内の再ダウンロード★☆☆☆☆
 「ポケメロJOYSOUND!!!」のように、「残曲数」のメニューで、利用曲数とともに、すでにダウンロードした曲のリストが出て、そこでダウンロードできればいちばん簡単。しかし「メロDAM」では、利用曲数が出るだけ。なので再ダウンロードは検索するなり、メニューをたどるなりして曲名を一から出さなくちゃならない。というかそれ以前に、ダウンロードした曲名を自分で覚えてないといけない。やっぱり利用曲数のところですでにダウンロードした曲一覧が出るといいなあ。


■ 検索の使い勝手

 選曲は、ジャンルメニューや企画コーナーからたどるか、曲名やアーティストが決まっていれば、検索を利用することになる。検索画面にいくには、「メロDAMメニュー画面」→「メロDAMサーチ」。
 検索方法は大きく分けて2種類。「歌手名検索」と「曲名検索」を選ぶことができる。検索メニューの上に「活用のポイント」というメニューがあって、3種類の検索方法をわかりやすく説明している。初めて検索する人は、ここをのぞいてから検索方法を選択するといいかも。

 「歌手名検索」を選ぶと、さらに「歌手名で検索」「読みで検索」「50音で検索」の3つの検索メニューが出る。また、「曲名検索」を選ぶと、同様に「曲名で検索」「読みで検索」「50音で検索」の3つが出てくる。検索方法は基本的に同じなので、一緒にご説明します。こちらも使い勝手を星5つで評価、★5つが満点です。

名前(歌手名・曲名)で検索★★★☆☆
 「歌手名で検索」「曲名で検索」は前方一致なので、頭が一致していないとダメ。つまりサザンオールスターズなら、「オール」とか「スターズ」とか入れてもダメ。「サザン」「サザ」「サ」などで出てくる。もっとも、「サ」だけじゃ候補が多くなりすぎちゃうけど。ここで気をつけたいのが、外国のアーティストの場合は、Paulなんとかというアーティストだったとすると、ちゃんと名前の頭の「P」を大文字にしないと出ないので注意。大文字小文字を区別する検索らしい(なんで?)。

読みで検索★★☆☆☆
 「読みで検索」も、前方一致なので、読みの頭が合っていれば検索できる。また、濁音・半濁音は入力する必要がなくて、長音(ー)の場合は直前の文字の母音を入力する。また、「ぁ・ぃ・ぅ・ぇ・ぉ・っ」は「あ・い・う・え・お・つ」でOK。カンタンじゃーん、と思うのが落とし穴。この決まりは、これで“も”探せるんじゃなくて、これでないと探せないのだ。だから、「ZARD」の場合は、「ざーど」と入力したら該当ナシ。「ざあど」でも該当ナシ。「さあと」でやっとヒットする。コレちょっと難しいっすよー。入力をカンタンにしようとしすぎるあまり、かえって入力が難しくなっているのだ。んー、この検索はちょっとおすすめじゃないかも。
50音で検索★★★★★
 文字を入力せずに、50音から選択して検索する。あ行、か行……とまずこの「行」を選び、次に「さ行」なら「さ・し・す・せ・そ」と並んだメニューが表示される。サザンオールスターズなら、ここで「さ」を選び、さらに「さあ・さい・さか・さこ・ささ……」と出てくる中から、「ささ」を選べば「ザ・サベージ」とともに出てくる(どうもこの検索システム、濁音と清音を区別しない仕組みみたい)。
 これは簡単。失敗なし。わざわざ文字を入力する必要もないし、外人アーティストや横文字の曲名でも、頭の読みさえわかっていればカンタンにわかるからオススメです。


このへんがGOOD!

 メロDAMが特色を出そうとして頑張ってるのが企画モノ。これがしょっちゅう変わるんだけど、たとえば4月17日現在なら、「日本歌謡天国」とか「お題で遊ぼ!」のコーナー。「お題で遊ぼ!」では、その時々に合わせたテーマがいくつも設定されていて、なんとなく曲目を眺めるだけでも楽しめる。検索だけでメニューがないサイトだと「あー、こんな曲着メロになってるんだ!」という意外性がない。そういうお楽しみがたくさんあるのが「メロDAM」のいいところ。曲数も約2000曲(4月17日現在)と、さすがにカラオケの第一興商だけあって充実している。

 着メロというと最新J-POPが圧倒的に多いんだけど、「メロDAM」は、30代〜40代の人も楽しめる懐かしいメロディや、一発芸タイプの着メロも豊富。とくに、「日本歌謡天国」のメニューは昭和30年代からのヒット曲を揃え、ほかにない内容。最新J-POP聞いてもつまらないというおじさまたちにオススメです。

 それから、ちょこちょこ文句もつけたけど、歌手名・曲名とも検索方法が3種用意してあるのは親切。使い勝手を考えすぎ?みたいなところもあるけれど、なにも考えてないより百倍好感が持てるよね。それに、50音順のメニューはGOOD。すごく使いやすい。これがひと文字どまりだと、該当が多すぎてページをめくらなくちゃならないところ。「さ」→「ささ」とワンステップ増えても、使った実感としては「さ」だけでリストアップされるより、ずっと早く探せる。


ここらへんがイマイチ

 同月内の再ダウンロードは、検索などでもう1回はじめっから曲名を出さなきゃならないのがイマイチ。ダウンロードした曲名を自分で覚えておかなくちゃならないしね。マイメニュー登録もちょっと面倒でした。

 あとね、メニューが深い。「カラオケDAM」から「メロDAM」を選ぶと「メロDAM」のトップメニューが出るんだけど、ここは「ご案内」「メロDAMへGO」「カラオケDAM(に戻る)」の選択肢しかない。つまり、もう1回「メロDAMへGO」を選ばないと選曲メニューに行けない。パケット通信料あなどるべからず。うまくメニューを整理すれば、「カラオケDAM」からとんだ「メロDAM」のトップで、選曲メニューを出すこともできると思うんですよね。第一興商さま、ご一考を!


こんな人にオススメ

 いやいや、コンテンツの「お題で遊ぼ!」コーナーでは遊ばせてもらいました。でも実はちょっと焦ったのも事実。だって、最初に原稿書いてたときとメニューが変わってるんだもん……(「メロDAM」はメニューの内容が変わるのが早いので、ここでご紹介した内容もすぐ変わってしまうかも)。以前はできなかった歌手名検索が出来るようになっていたり、コンテンツメニューが増えたりと、作り手の方の意気込みの感じられる充実した内容になっていたし、わかりやすくなっていました。

 メロDAMは、これからも色々な特集や企画がでてきそうなので、カラオケ好き、面白いコト好き、着メロ好きって人にオススメ。また、新着J-POPばっかりじゃつまらない、という向きにも、企画が充実しているのでオススメです。

 ただし、カラオケと絡ませた着メロサイトは他にもあるから、まだまだ比べてみた方がよさそう。ということで、今後ご紹介する着メロサイトに乞うご期待! 次回は「着信メロディGIGA」を紹介する予定です。



(西川和美)
2000/04/19 00:00

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2000 Impress Corporation  All rights reserved.